11月開催米ブリーダーズカップ初日に2歳戦全5レースを集中

11月開催米ブリーダーズカップ初日に2歳戦全5レースを集中

【TPC秋山響の海外競馬解析】今年は11月2日(金曜)と3日(土曜)にケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で開催されるアメリカ競馬の祭典、ブリーダーズカップのフォーマットの変更が10日に発表された(冠表記のないレースはGI)。

 最大のポイントは初日に2歳戦の全5レースを集中させることだ。

 具体的にはダートのBCジュヴェナイル(2歳牡、セン=ダート8・5ハロン)、BCジュヴェナイルフィリーズ(2歳牝=ダート8・5ハロン)に加え、芝のBCジュヴェナイルターフ(2歳牡、セン=芝8ハロン)、BCジュヴェナイルフィリーズターフ(2歳牝=芝8ハロン)、さらに今年2月にブリーダーズカップ競走に追加することが発表されたBCジュヴェナイルターフスプリント(G外、2歳芝約5・5ハロン)をまとめて一日で行うというもの。“フューチャー・スターズ・フライデー”(将来のスターが集まる金曜日)と命名された。

 これに伴って、これまで初日に行われていた牝馬の頂上決戦であるBCディスタフ(3歳上牝=ダ9ハロン)とダート最強マイラーを決めるBCダートマイル(3歳上=ダート8ハロン)が2日目に移動。芝12ハロンのBCターフ、芝8ハロンのBCマイル、ダート6ハロンのBCスプリント、そして開催全体のクライマックスとなるダート10ハロンのBCクラシックなどと併せて、2日目は3歳・古馬のチャンピオンを決める日というコンセプトが明確になった。

 なお、昨年はデルマー競馬場のコースレイアウトの関係で芝9ハロンで行われたBCフィリー&メアターフ(3歳上牝)は、今年は芝11ハロンでの施行(2日目)。芝の中長距離馬の層が厚い日本勢にとっては追い風だろう。勝てば大きな国際的な名声を得られるレースであり、BCターフやBCマイルとともに日本馬の積極的な参戦を期待したい。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索