【ユニコーンS】ハーベストムーン 半馬身先着「いかに自分のリズムで運べるか」

【ユニコーンS(日曜=17日、東京ダート1600メートル)注目馬13日最終追い切り:栗東】ハーベストムーン(写真右)は坂路で鮫島駿(レースは戸崎圭)を背に坂路で併せ馬。日曜(10日)にしっかり負荷をかけて(坂路4ハロン51・6秒)、当週は軽めの“浅見流”の内容だったが、終始リラックスした走りで半馬身先着した。ラスト1ハロン12・8秒(4ハロン58・5秒)の数字以上のスピード感で体調面の不安はない。

 西谷助手「今朝も予定通りの内容。馬の状態は変わらずいいですね。3走前(くすのき賞=3着)の競馬を見ていると、小回りで、せかす形は合っていないみたい。東京マイルになるので、いかに自分のリズムで運べるかですね」

 前走の鳳雛Sはスローペースに持ち込んで速い上がりでまとめて押し切った。デビューしてから4着以下がないように潜在能力は引けを取らないだけに、重賞メンバー相手に自分の競馬ができるかがカギになりそうだ。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索