【レディスプレリュード】モレイラ騎乗のプリンシアコメータ重賞2勝目

 11日、大井競馬場で行われた交流GIIレディスプレリュード(ダート1800メートル)は、直線入り口で先頭に立った2番人気のJRAプリンシアコメータ(牝5・矢野)が、地元・大井のブランシェクールの追撃をアタマ差退けて重賞2勝目。単勝1・7倍に推された昨年の女王クイーンマンボは7着に沈んだ。勝ち時計は1分53秒9(良)。

 初騎乗で勝利に導いたモレイラは「VTRを見ていたし、大井も経験していたからイメージはあった。スタートしていい流れ。外の馬のプレッシャーはあったが、反応良く勝利できました」と振り返った。

 次走は交流GI・JBCレディスクラシック(11月4日=京都、ダート1800メートル)へ向かう。

★2着ブランシェクール(大井)=吉原寛騎手「体も絞れていたし、チャンスはあると思っていた。TCK女王盃(2着)のイメージで早めの競馬。一瞬、頭は出たから悔しい」

★3着アルティマウェポン(北海道)=真島大騎手「大井が合っているのかも。直線の手応えがすごく良く、上手に走ってくれた」

★4着アンジュデジール(JRA)=横山典騎手「雰囲気が良くなくて、ゲートが出なかった」

★5着ワンミリオンス(JRA)=福永騎手「うまく立ち回ったがもうひと伸びが利かなかった」

★7着クイーンマンボ(JRA)=ルメール騎手「スタートから反応が弱く、あまり進まなかった」


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索