1億1000万円サインの山川は「あのCM」で沖縄の顔に

 パ・リーグ本塁打王&MVPの西武・山川穂高内野手(27)が5日、契約更改交渉を行い、7760万円アップの1億1000万円で来季年俸にサインした。その山川には沖縄県出身野球人のステータスでもある“あの企業”が、CMイメージキャラクター起用に向け動き始めている。

 5年目で目標としていた1億円プレーヤーとなった山川は「うれしかったです。5年かかりましたけど、ようやく『プロ野球選手』になれたかなと思う。一流というか、その仲間入りができたことでこれまで以上にちゃんとやらないといけないと思う」とその自覚を語り、沖縄県出身プロ野球選手としての偉業についてこうも語った。

「ボクの仮説ですが、沖縄は日本で唯一地上戦があった場所。沖縄の人は小さい時から『人と争うな』と教えられる。でもスポーツではそれはよくないと思っている。ボクはそれを大学(富士大)で行った岩手で感じて、プロに入ってからも感じた。沖縄以外の人には負けたくないと思ってきた。プロに集まってくる人たちは心が強いと思っているので、沖縄の人でも勝てるんだというところをボクが先頭に立って見せていきたい」

 またこの日、併せて受賞が発表された那覇市民栄誉賞についても「沖縄出身ということをものすごくアピールしたいので、これはMVPと同じくらいうれしい。(2000年に受賞した)安室奈美恵さんはスーパースターで地元ではどこも歩けない。ボクはまだ沖縄を歩けるので、歩けないくらいのスターになりたい」とあふれる沖縄愛に言及した。

 その山川にはオリオンビール社がCMイメージキャラクター起用に向け動き始めている。

 シーズン前に同社関係者と親交のある山川が「今年ホームランを30本以上打ったらCMに起用する」という約束を交わした。見事、ノルマをクリアしたばかりか47本塁打で沖縄県人初の本塁打王&パ・リーグMVPという勲章まで獲得した。

 山川自身が打席に入る際のテーマ曲に同社商品がタイトルに入る「オジー自慢のオリオンビール」(BEGIN)を使用していることもあり、満を持しての起用が実現する方向となっている。

 オリオンビール広報部CM担当者は「まだ検討段階ということで今の時点ではなんとも申し上げられない」としながらも「山川選手は県内出身者でもありますし、以前から社内でも話題になっていました。テーマ曲に関しても当社の宣伝効果は高い。正式に決まりましたら、また改めて発表させていただきます」と前向きに回答した。

 沖縄県出身のプロ野球選手の同社のCMイメージキャラクターとしては西武時代のデニー友利、ソフトバンク・新垣渚、ロッテ・大嶺祐太らに続く“沖縄の顔”となる。 

(金額は推定)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索