【プロ野球大将】度が過ぎた荒れ球で大不振に陥った阪神・藤浪

【プロ野球大将】度が過ぎた荒れ球で大不振に陥った阪神・藤浪

【プロ野球大将 制球難の大将:藤浪晋太郎投手(阪神)】もともと制球力で勝負するタイプでもない。これまで2015年と16年は“与四球王”、14年と15年は“与死球王”になっている。197センチの長身から繰り出される最速160キロの直球が、どこに来るか分からないのだから打者にとっては恐怖で、藤浪は荒っぽさを武器に白星を重ねてきた。

 しかし、今年は度が過ぎた。今季初登板となった4月4日のヤクルト戦では5回9四死球の大乱調で、畠山の左肩付近への死球は乱闘にも発展。矢野作戦兼バッテリーコーチ(当時)とバレンティンが退場処分となる騒動に発展した。

 そこから4連勝して立ち直りの兆しを見せたかと思ったら連続KOで首脳陣の信頼を失い、5月27日に成績不振では初となる二軍落ち。復活を期した8月16日の広島戦でも大瀬良、菊池にぶつけて5回を投げきることなく降板。8月27日の巨人戦でも6回無失点と好投しながら、村田への死球をきっかけに3失点するなど、自身5連敗でシーズンを終えた。

 1日の契約更改交渉では「今年の成績では何も主張できません」と2年連続のダウンとなる4000万円減の1億2000万円(推定)でサインした。来季は生まれ変わった姿を披露することができるのか。虎党ならずとも注目だ。

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索