静かなるドン山根会長の不気味辞任と東京五輪へのアマボクシング界の不安

“ドン”なき後は、果たしてどうなるのか。不正やパワハラ問題を告発されていた日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日、大阪市内で辞任を表明した。直後には「日本ボクシングを再興する会」が都内で会見し、新たな不正の証拠を提示。さらに夜には日本連盟の吉森照夫副会長兼専務理事も会見を行い、一連の騒動はこの日大きく動いた。山根会長退陣で一件落着と思いきや、2020年東京五輪が迫るアマチュアボクシング界の今後には、多くの不安が残っている。

 この日最初に登場したのは山根会長。午後0時半からの会見では報道陣の質問を受け付けず、一方的に会長を辞任することを宣言した。

 約1時間半後、都内で会見した「再興する会」は「『辞任』とおっしゃったけど、中身がはっきりしない。私どもとしても、どう判断すればいいのか戸惑っています」(鶴木良夫代表)とし、改めて山根会長の除名と、現職の全理事の解任を求める方針を示した。審判不正に関し、山根会長のものとされる音声も新証拠として公表した。

 さらに午後6時すぎからは日本連盟の吉森専務理事も都内で緊急会見。「再興する会の指摘に対して答えられる範囲でお答えします」と言いながらも山根会長がどの範囲まで辞任をしたのか聞かれると「当然、理事は辞めると思うけど、会員まで辞めるかはわからない。確認していない」と答えるにとどまった。

 ただ、ひとまず山根体制が終わったのは事実。新会長について吉森専務理事は「今の理事の中で決めるか、総会を開くのであれば、それも一つの方法」と答えた。

 7日に大阪市内で開催された臨時理事会に出席した理事は「ほぼ全員が辞意を表明していた」(吉森専務理事)としながらも「正式な書類は出されていない」そうで、正式に辞任届を提出しているのは、山根会長の息子である昌守副会長だけだという。

 山根降ろしに成功した形の「再興する会」は新会長については「私たちが主導権を持って(選出する)ということは考えていません。47都道府県連盟で意見を出し合って決めていければ。人材は豊富にいると確信しています」(鶴木代表)とのスタンスだ。

 これまでの独裁と対照的な民主化路線は理想的だが、全国の意見をまとめ新理事を選出し、さらに会長を決めるという手順にいったいどれだけの時間がかかるのか。正式に辞任を届け出ていない現職理事たちが来年2月の任期まで続投するようなら、あと半年間も混乱が続く可能性がある。

 さらに、強化委員会のトップでもあった山根会長の代わりを早急に決めないと、肝心の選手強化が停滞する恐れもある。山根会長は国際ボクシング協会(AIBA)との関係が良好で、ジャッジなど国際試合の潮流の情報収集面で力を発揮していたという。選手強化に関しては、山根体制が決して「負」の部分ばかりではなかったと話す関係者もいるのは確かだ。

 新体制は“山根色”を一掃することが予想されるが、それは同時に世界とのパイプを失う可能性も含んでいるということ。山根会長は辞任表明の中で「将来、東京五輪に出られなくても」と発言。これはAIBAにも影響力を持つ自身がいなくなることでマイナス効果を予告しているとも取れる。

 そのAIBAは昨秋に台湾出身の会長が規約違反で辞任。ウズベキスタン出身の新会長代行も、ヘロイン売買に関わっていると米財務省が疑う要注意人物だ。こうしたAIBAのコンプライアンス問題が改善されなければ、国際オリンピック委員会(IOC)は東京五輪の実施競技から外すことも検討している。山根会長の辞任より、母国五輪での競技実施についての情報収集にも影響が出るかもしれない。

 かつてバレーボールでは、国際連盟副会長も務めた日本協会の松平康隆会長(故人)が1995年に金銭スキャンダルで失脚。ワンマン体制は終わったが、“船頭”を失ったバレー界はその後低迷期に突入した。

 山根会長のパワハラや不正、反社会的勢力との交際が事実なら許されるものではない。だがトップ不在が競技力低下を招いたり、「再興する会」の目指す民主化路線も意見がまとまらずに「船頭多くして――」になっては本末転倒だろう。

 競技の正常化やさらなる発展という点では、山根会長の辞任はやっと試合開始のゴングが鳴った状態。これからが正念場と言える。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索