【マラソン】日本記録樹立の大迫傑がサッカー日本代表の大迫勇也に“ハンパない”ライバル心

 7日のシカゴマラソンで2時間5分50秒の日本記録を樹立して3位に入った大迫傑(27=ナイキ)が10日、成田空港着の航空機で帰国した。

 日本実業団陸上競技連合から日本新の報奨金1億円を獲得する快挙に満足することなく、大迫はエリウド・キプチョゲ(33=ケニア)の世界記録(2時間1分39秒)に追いつくことをイメージした。「徐々にでも近づけると思っている。そういう気持ちを持ってトレーニングをしていきたい」と真顔で言い切った。

 原動力は世界で活躍する日本人アスリートへのライバル心だ。ロシアW杯のコロンビア戦でFW大迫勇也(28=ブレーメン)がゴールを決め、「大迫半端ないって」が流行したときは、自身のツイッターに「シカゴマラソンで決勝弾を決められるように頑張ります。俺は大迫傑だ」と投稿。サッカーの大迫と混同されたくない気持ちの表れだった。

 この日は投稿について「冗談半分だった」と振り返ったが、“半端ない関連”の質問にはライバル心がにじみ出た。

「大迫選手をはじめ海外でプレーする選手に刺激されたのも(2015年から拠点を置く)米国行きの後押しになった。サッカーだけでなくテニスや野球など、いろいろな競技からも刺激を受けているし、負けていられない気持ちはある」

 世界との差が顕著となっている男子マラソンにあって、大迫の気概は2020年東京五輪のメダル獲得へとつながるか。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索