【ボクシング】和毅が亀田流ド派手パフォ封印のワケ

 WBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦(12日、東京・後楽園ホール)の予備検診が7日、都内で行われ、亀田三兄弟の三男で同級2位の亀田和毅(27=協栄)が進化した肉体を披露した。

 国内世界戦は2013年12月のWBO世界バンタム級王座初防衛戦(判定で勝利)以来、5年ぶり。「フィジカルトレーニングを取り入れて体に芯ができ、ボクシングに必要な筋肉がついた」と話すように、検診では当時に比べて胸囲87↓95センチ、首回り37→39センチ、リーチ163→170センチとアップしたことが判明。対戦相手の同級1位アビゲイル・メディナ(30=スペイン)については「動画を見たけど、感じるものは全くなかった」と言い放った。

 亀田家と言えば、ド派手なパフォーマンスが有名。和毅も以前に覆面をかぶってリングに登場したことはあるものの、長男興毅のように会見でハンバーガーを食べたり、次男大毅のように弁慶に扮するなどの派手さはない。その理由を和毅は「ボクはリングの上で人生を懸けた勝負をしている。リング外で何をやっても何も変わらないので」とキッパリ。

 勝てば世界初の「三兄弟世界2階級制覇」となるが、2人の兄とは違う泰然自若のスタイルで王座を取りにいく。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索