【ラグビー】神戸製鋼ダン・カーター 日本を満喫「実は今、人生で一番牛肉を食べている」

 7月に神戸製鋼入りしたラグビー界の“レジェンド”、元ニュージーランド代表SOのダン・カーター(36)が7日、都内で行われた2019年ワールドカップ日本大会を盛り上げる「No―side Project」始動イベントに登場した。

 W杯の優勝トロフィー「ウェブ・エリスカップ」が除幕式で披露されると、歓声が沸き起こった。

 オールブラックスで112キャップ、年間最優秀選手3回選出のスーパースターは「日本には、ノーサイドという世界に誇るスピリットが息づいている。W杯に向けてさらにラグビーの素晴らしさを伝えられる、とてもいい機会だと思う」と語った。

 来日してからは北海道などへの観光を楽しんだといい「日本はヘルシーな食べ物が多いから気に入っている。でも実は今、人生で一番牛肉を食べているよ」と神戸牛に舌鼓を打っていることを明かして、笑顔を見せた。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索