【ボクシング】3階級制覇・田中恒成 田口良一との夢対決に前向き発言

 世界最速タイとなる12戦目で3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者・田中恒成(23=畑中)が8日、名古屋市内の畑中ジムでWBO年間最高試合受賞会見を行った。

 対象となったのは、9月24日に名古屋で行われた木村翔(29=青木)との同タイトルマッチ。3度目の防衛を目指した木村に判定勝ちし、新王者となった田中自身も特別賞を受賞している。

 この日練習を再開した田中は「日本で、日本人同士で戦ったにもかかわらず、評価してもらってうれしいです。目を向けてくれているんだなと思った」と喜びを語った。

 3本目のベルトはダイヤが埋め込まれた豪華な仕様。注目の初防衛戦について畑中清詞会長(51)が前WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一(31=ワタナベ)との可能性について言及した。

「話が進んでいることは確か。春ぐらいにと思っています」

 2017年には当時WBA世界ライトフライ級王者だった田口との統一戦を、WBO同級王者の田中が熱望。12月31日での対戦へ交渉が進んでいたが、田中が9月の防衛戦で眼窩底骨折を負い、流れたいきさつがある。田中も「決まったらうれしい」と、夢の実現へ前向きだった。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索