ラグビー界のレジェンドから金言「日本に必要なもの」

 ラグビー界のレジェンドから金言だ。オールブラックスこと元ニュージーランド代表SOダン・カーター(36=神戸製鋼)は8日、都内で2019年W杯日本大会を盛り上げるためのキャンペーン「No―side Project」始動イベントに登場した。

 オールブラックスで112キャップ、ワールドラグビーの年間最優秀選手に3回選出されたスーパースターは日本のラグビーをどう見ているのか。「3日の試合(日本―ニュージーランド戦)は素晴らしかった。オールブラックス相手に5トライも決め、日本のアタッキングラグビーを体現していた。サポーターも誇っていいと思う」と評価した。

 その上で、自国開催のW杯で初のベスト8入りを目指す日本に必要なものについて「勝つためにはスキルと規律が重要だが、それに関してはいいものを持っている。プレッシャーのかかる試合では正確なプレーを心がけること。リーチ・マイケル(30=東芝)などフィジカルに強い選手もいる。今後のテストマッチで多く経験すればいけるんじゃないかな」と太鼓判を押した。


関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索