【フィギュア全日本】2位の高橋大輔「とりあえずひと段落」

 フィギュアスケート全日本選手権最終日(24日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)は男子フリーが行われ、平昌五輪銀メダル・宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が合計289・10点で3連覇を達成。今季から現役復帰して5年ぶりの出場を果たした高橋大輔(32=関大KFSC)は合計239・62点の2位と健闘した。

 SP2位でフリーに臨んだ高橋は「やるかどうかはメンタルと相談」と話していた4回転ジャンプに挑むも回転不足。それでも宇野に次ぐ2位の成績に「まさかの2位。自分がいい演技をして表彰台に立ててないので。自分のスッキリする演技でこの場に立ちたかった」と反省しつつも「とりあえずひと段落。ホッとしています」と笑顔で語った。

 昨年は解説者として会場入りし、後輩たちの滑りを見て現役復帰を決めた。2010年バンクーバー五輪銅メダル、同年世界選手権V、12年グランプリファイナルVと実績十分のレジェンド。次は国際大会での完全復活に期待がかかる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索