全日本2位・高橋大輔が世界選手権辞退「世界で戦う覚悟が持ち切れなかった」

 今季現役に復帰し、5年ぶりの全日本選手権で2位に入った高橋大輔(32=関大KFSC)が24日、来年3月に埼玉・さいたま市で行われるフィギュア世界選手権を辞退したことを明かした。

 理由について「出たい気持ちはヤマヤマですが、世界で戦う覚悟が持ち切れなかったのが大きな理由。世界で戦う難しさ、精神力が必要とされる。その覚悟が持てないのに出るべきではない」と説明。

 さらに「日本のスケートが盛り上がっていくためには若い選手が舞台を経験する必要性がある。冷静に考えて僕じゃない。希望がある選手がいろんな経験をすることが大事だろうって思います」と若い世代への思いを熱く語った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索