【ボクシング】3階級制覇王者・田中恒成 3月に田口良一と初防衛戦「倒しにいきます」

 ボクシングの畑中ジムは10日、3階級制覇を達成したWBO世界フライ級王者・田中恒成(23)が3月16日に「岐阜メモリアルセンター で愛ドーム」で、元WBA&IBF統一ライトフライ級王者・田口良一(32=ワタナベ)を相手に初防衛戦を行うと発表した。

 両者は2017年の大みそかに、当時Lフライ級のWBO王者だった田中と、WBA同級王者だった田口との統一戦を行う方向で合意していた。

 ところが同年9月のV2戦で田中が両目眼窩骨折の重傷を負ったために白紙となった経緯がある。

 田口は同年大みそかにIBF王者ミラン・メリンド(30=フィリピン)を下して統一王者となったものの、昨年5月に敗れて“無冠”に。ノンタイトルでの再起戦を挟まずに、田中を相手に2階級制覇に挑むことになった。

 
この日、名古屋市内のCBCテレビで会見した両雄は「今回は指名試合ではないけど、田口さんがやってくれるなら、と対戦することにしました。この1年で自分の方がレベルアップしたことを示すためにも、勝つだけではなく倒しにいきます」とまずは田中が王者のプライドでKO宣言した。

 一方、約10か月のブランクを経ての再起戦がいきなり世界戦となる田口は「ノンタイトル戦を挟んだ方がいい、という人もいるけど、減量苦もあったので絶対にいいパフォーマンスをすることができる。厳しい戦いになるとは思うけど、見ている人を熱くさせる試合をして勝ちたい」と落ち着いた口調で語った。

 一昨年秋に対戦計画が白紙になった後、田中は東京・五反田のワタナベジムを単身訪れて、自身が負傷してしまったことを田口に詫びた。

 試合中での負傷なので仕方ないこととはいえ、この時はお互いに「縁がなかったのかな」と思ったという。

 それが全く別の形で拳を合わせることになり、試合に付けられたタイトルは「the Fate」(運命)。

 両者とも直近の試合はそれぞれの地元でのローカル放送だけだったが、今回はTBS系列で生中継されることが決定。全国のボクシングファンの心を揺さぶる激闘が期待される。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

東スポWebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索