馬上の笑顔がサークルオブライフの好気配を物語る

[GⅠオークス=2022年5月22日(日曜)3歳、東京競馬場・芝2400メートル]

<火曜朝の表情・美浦>2歳女王サークルオブライフ、フローラS勝ちのエリカヴィータと強力2頭出しの国枝厩舎。それぞれ坂路と南B(ダート)の微調整で、翌日の最終追い切りに備えた。鈴木助手は「サークルオブライフは精神的にタフ。前走(桜花賞4着)は展開のアヤもあったが、しまいはしっかりきていた。今度こそいい結果を。エリカヴィータはここにきて馬が大人になったね。前走も上手な競馬だったし、距離が延びるのはいい」と甲乙付け難いムードだ。

著者:東スポ競馬編集部