さきたま杯2024

[JpnⅠさきたま杯=2024年6月19日(水曜)3歳上、浦和競馬場・ダート1400メートル]

カギとなるのは前半の位置取り

 ダート競走の体系整備に伴い、クラシック路線だけでなく短距離路線にもメスが入った。昨年まではJpnⅡだったさきたま杯が今年からJpnⅠへと生まれ変わる。コーナー4つの浦和コースを舞台に行われるだけあって、スピードだけでなく立ち回りのうまさも非常に重要になってくる。逃げ、先行勢が強いコースで前半の位置取りは重要なポイントだ。極端に後ろからだと相当な脚力がない限り、追い込み切れないコースともいえる。

レモンポップ
レモンポップがJRA勢の大将格だ

 今年はJRAから5頭、迎え撃つ地方勢7頭のフルゲート12頭が参戦。JRAの大将格はなんといってもレモンポップ(牡6・田中博)。昨年はフェブラリーS、南部杯、チャンピオンズCとGⅠ級を3勝し、JRA最優秀ダートホースに輝いた。これまでダート1400メートルは〈5・2・0・0〉といまだ崩れ知らず。前で流れに乗れてもうひと伸びできる脚質からは初の浦和にも対応できそうだ。今年初戦のGⅠサウジCこそ12着に惨敗したが、その後はここを目標に順調な仕上がり。昨年のダート王として実績面では一枚抜けている存在で、結果と内容が求められる一戦となる。

 シャマル(牡6・松下)は今年のかしわ記念を逃げ切り、鞍上の川須ともどもJpnⅠ初制覇を達成。昨年の当レースでは右後肢跛行で無念の競走中止に。苦い経験を糧に実力をつけてきた。完成期に入ったうえに、実績のある舞台ならレモンポップ相手でも対等に戦えてもいいはず。再びコンビ一体となりビッグタイトル連勝なるか。昨年の悔しさを晴らしたい。

 古豪タガノビューティー(牡7・西園正)はかしわ記念で2年連続2着に好走。その前走は前残りの展開の中から差してきた。どんな舞台でもしまいの脚は堅実で、その破壊力は無視できない。同厩のアンデスビエントが12日のJpnⅡ関東オークスで圧勝したのは記憶に新しいところ。厩舎の勢いも味方に頂点取りを目指す。

 サンライズホーク(セン5・牧浦)は、サマーチャンピオン→兵庫ゴールドトロフィー→かきつばた記念とJPnⅢのダートグレードを3連勝。前走の黒船賞は1番人気を裏切り11着と惨敗したように気難しさがあり、本来ムラのあるタイプ。JPnⅠは初参戦となるが、本気で走れば強敵相手にも通用していい。〝相棒〟M・デムーロのエスコート次第では一発の可能性も十分だ。

砂の短距離王イグナイターがJRA勢と真っ向勝負

イグナイターが2度目のJpnⅠ制覇へ
イグナイターが2度目のJpnⅠ制覇へ

 対する地方勢の筆頭格はなんといってもイグナイター(牡6・新子雅)だ。前走のGⅠドバイゴールデンシャヒーンは直線で斜行し、他馬に迷惑をかける形となったが5着と健闘。昨年の当レース覇者なら舞台適性の高さは言うまでもない。昨秋のJpnⅠ・JBCスプリント(大井1200メートル)の覇者で、砂の短距離路線では現チャンピオンといえる存在。主戦の笹川翼とともにJRA勢と真っ向勝負で2度目のJpnⅠ制覇を成し遂げるか。

 浦和の名門・小久保智厩舎からは2頭が出走。アマネラクーン(牡7)は前走プラチナCで重賞初制覇。当舞台は15勝とまさに巧者。鞍上には当地・浦和の重賞で14勝とコースを知り尽くす名手・森泰斗。どんな展開でも相手なりに走るタイプでJRA勢相手でも決して侮れない。もう1頭は元JRAのオメガレインボー(牡8)。過去には中央の重賞でも何度となく好走を見せており、秘める能力は確か。新たな鞍上に地方を代表する吉原寛を迎えるだけあって馬券的にも軽くは扱えない1頭となるだろう。

著者:東スポ競馬編集部