宝塚記念2024

[GⅠ宝塚記念=2024年6月23日(日曜)3歳上、京都競馬場・芝外2200メートル]

 今週末の京都競馬場では上半期を締めくくるGⅠ宝塚記念(23日=芝外2200メートル)が行われる。2006年以来18年ぶりの淀開催のグランプリレース。登録頭数は13頭と少なめながら実績馬・個性派が揃って興味深い一戦となった。そんな中でも断然の主役は武豊=ドウデュースの名コンビ。史上最多の獲得票数でファン投票1位に輝いたGⅠ3勝馬が初の京都でも強さを見せつけ、名実ともに“現役最強”を改めて高らかに宣言する。

武豊&ドウデュースが圧倒へ

 無念の出走取り消しからリベンジをかけて臨んだ前走ドバイターフは、痛恨の出遅れと直線で前が壁になるロスが響いて不完全燃焼の5着。この馬の力はこんなものではない――。王者ドウデュースの威光を改めて示し、さらなる高みを目指すためにも、ここは圧倒的な走りで存在を誇示したい一戦だ。

「ドバイが悔しいレースになりましたからね。決めたいです」と決意を語るのは武豊。近2年のドバイ遠征や、不発に終わった一昨年の仏2戦、レース当日にケガで乗り替わりとなった昨年の天皇賞・秋…。人馬は何度も歯がゆい思いを経験しながら、それを乗り越えて栄光を手にしてきた。捲土重来のドラマこそ、このコンビの真骨頂と言えるかもしれない。

 今年はディープインパクトが勝った06年以来、18年ぶりとなる京都開催。ドウデュースにとっては初コースでも、頼れる鞍上にとっては東京=34勝に次ぐ競馬場別2位のGⅠ23勝を誇る百戦錬磨の舞台。過去の淀開催の宝塚記念ではその06年、メジロマックイーンで2着した91年と連対率は100%であり、ジョッキー本人は「たまたま」と謙遜する好データも決して偶然ではあるまい。

「阪神よりは向いていると思う」

 そんな京都巧者の名手が「京都はいいんじゃないですか。阪神よりは向いていると思う」と“隠れ適性”を強調する点も心強い。ドウデュース自身はストライドの大きさを併せ持ちながら走りはピッチ。小刻みにステップを踏んだほうが坂を下りやすいのは、人間に置き換えても明らかだ。緩い馬が多いハーツクライ産駒は京都の下り坂を苦手にする傾向にあるが、中山2500メートルで一気のマクリを決めたこの馬にそれが当てはまるとは思えない。人馬揃っての高い「淀適性」はGⅠ4勝目への視界を大きく広げるものだろう。

 帰国初戦の仕上がりについては武豊、友道調教師が「何も言うことがない」と口を揃えた言葉がすべて。ウッド6ハロン79・8ー10・8秒の超抜時計をマークした1週前追いでも、引き揚げてきた時にはケロリとした表情ですぐに息が入っていたのだから恐れ入る。

「普通は年齢を重ねると稽古でもズブさを出してくるものだけど、この馬はまだまだ若い。それでいて道中も折り合えていたし、落ち着きも出てきた。精神面も成長している」とトレーナーは衰え知らずの5歳馬に感心しきりだ。前走との比較についても「ドバイの時はムチッとしてマイラーみたいな体形をしていたけど、今はシュッとしてシャープに。2200メートルに対応できる体つきになっている」。ポジティブな変化を口にして、大一番での好勝負に力を込めた。

 ファン投票では昨年のイクイノックスを超える歴代最多の23万8367票を獲得した。票を投じてくれたみんなのため、レジェンドの手綱さばきに魅了され続けるファンのため、なによりイクイ引退後の競馬界を力強くけん引するため、その走りで熱い期待に応えてみせる。

鞍上は百戦錬磨で京都巧者の武豊。ドウデュースが初の京都でGⅠ4勝目を飾る
鞍上は百戦錬磨で京都巧者の武豊。ドウデュースが初の京都でGⅠ4勝目を飾る

著者:西谷 哲生