【6月22日・土曜函館5R=芝1200メートル】

順調な乗り込みを消化しているグランシャット
順調な乗り込みを消化しているグランシャット

◆カルプスペルシュ(牝=父シュヴァルグラン、母パロネラ・石坂)

 12日に函館芝で古馬1勝クラスと併せて追走併入(5ハロン68・0ー12・4秒=直線強め)。セレクトセール出身(23年1歳=落札価格4000万円)で、近親にダノンエアズロックやプリモシーンがおり、血統的にも注目だ。

「追い切りは前半促しつつでしたが、しまいはしっかり動けていたし、順調にきています。馬体のバランスもいい。先々は距離も持ちそうだが、仕上がりがいいので千二でも対応できると思います」と藤田助手。馬体重は440キロ台で、鞍上は鮫島駿を予定。

◆グランシャット(牝=父ルヴァンスレーヴ、母デリケートアーチ・宮田)
※23日の芝1200メートルと両にらみ

 3歳時(18年)にジャパンDダービー→南部杯→チャンピオンズカップとGⅠ3連勝でダート王の座に就いた父の初年度産駒。母デリケートアーチはJRA2勝で、牧場から直接競馬場入りしてゲート試験に合格。順調な乗り込みを消化している。

「まだ非力で良化の余地は残しますが、ゲート試験はすぐに受かって順調にきました。軽い走りをするので芝でも走れそう」と沢江助手。正式な出否はジョッキーが騎乗予定の最終追いで判断されるが、柔らかい筋肉の持ち主で素質は高そう。馬体重は430キロで、鞍上は横山和。

◆ブリッツアロング(牡=父シャンハイボビー、母シトリカ・上原博)
※23日の芝1200メートルと両にらみ

 父はBCジュヴェナイル(12年)など米GⅠ2勝を挙げ種牡馬入りし、19年から日本でけい養。国内産の産駒としては今年が3世代目となる。函館入り後も入念な併せ馬を消化して仕上がりの良さが目を引く1頭だ。「美浦でゲート試験に合格し、ウッドで1本時計を出してから函館入りしました。水準級に動けていますし、ダート血統だけど芝の追い切りで乗った大野騎手(レースでも騎乗予定)が〝芝でも大丈夫そう〟と言ってくれました。まだ緩さはある中で息遣いも悪くない」と鵜木助手。馬体重は470キロ。

◆ミッドナイトゲイル(牝=父ドレフォン、母ミッドナイトラヴ・小栗)
※23日の芝1200メートルと両にらみ

 母は阪神芝7ハロンで新馬勝ち。栗東坂路で5月30日に4ハロン56・0ー12・8秒をマークしての函館入り。12日の芝では日曜(16日)に新馬勝ちしたニシノラヴァンダに2馬身遅れたが、5ハロン64・2ー11・8秒と上々の時計を計時した。「水準以上の走りをしているし、(1週前に)芝でしっかり追って走れる態勢は整った。スピードがあって距離は合う。馬体も仕上がっていますよ」と久保田助手。馬体重は450キロで、鞍上は小林勝。

【6月23日・日曜函館5R=芝1200メートル】

キスメットの母はヴィクトリアマイルで大波乱を演出したミナレット
ヴィクトリアマイルで大波乱を演出したミナレットを母に持つキスメット

◆キスメット(牡=父ビッグアーサー、母ミナレット・大和田)

 母は最低人気だったGⅠヴィクトリアマイル(15年)で3着に好走し、3連単2000万円超の大波乱を演じた実力派。12日の函館ウッドでは古馬1勝クラスを相手に追走して楽々と半馬身先着(5ハロン68・5ー12・9秒)。活気に満ちた走りで素質の高さをうかがわせた。「美浦でゲート試験に合格してから4、5本追って、函館入り後に強めをやりました。追うごとに動きがしっかりして時計も詰まってきたし、芝の動きも良くて条件も合いそう」と渡辺助手。馬体重460キロで、鞍上は内田博を予定。

著者:東スポ競馬編集部