セラフィックコール
セラフィックコール

 セラフィックコール(牡4)とキングズソード(牡5)の寺島厩舎2頭は25日午前9時30分頃、大井競馬場に向けて出発。大一番を前に、どちらも仕上がりに抜かりはない。

 セラフィックの佐々木助手は「最終追い切りも予定通りでしたし、動き、馬体のつくりに不安はありません。あとは落ち着いてレースに臨めればですね」と話した。

 キングズの内山助手は「馬の様子はいいですよ。いつもの体つきです。前回も良かったのですが、今回も変わらずに状態はいいですよ。あとはジョッキー(藤岡佑騎手)に任せます」と語った。

 性格、脚質を含めて、それぞれキャラクターは違うが、魅力を秘めている存在。強豪がズラリと集まった上半期を締めくくる砂の大舞台でも、チャンスがありそうだ。

著者:東スポ競馬編集部