横浜DeNAベイスターズの度会隆輝選手ら3選手が市民に環境行動を呼び掛ける大型ポスターが6月3日(月)から9日(日)まで、地下鉄関内駅構内に掲出される。

ベイスターズと横浜市は、毎年6月の環境月間に啓発活動を行っている。今回は度会選手のほか、山本祐大選手、森原康平選手を縦2m、横4・3mの大型ポスターのモデルに起用。プラスチックごみの出し方が変わることやエアコンの設定温度見直しなどをメッセージとしてポスターに記載している。ポスター掲出は1番出口付近。

ほかに、市役所内のデジタルサイネージ、シーサイドラインの車内と新杉田駅構内(30日(日)まで)、公共施設や学校など、約1050カ所に選手のポスターを掲出し、市民へ環境行動を呼び掛ける。

抽選で6人に選手のサイン入り色紙・ボールが当たる環境に関するアンケートも実施。アンケート回答は横浜市電子申請システム(https://shinsei.city.yokohama.lg.jp/cu/141003/ea/residents/procedures/apply/11b3f2e7-f27b-4621-8e90-55fb5ce32473/start)から。回答期間は30日まで。抽選対象は横浜市在住の人。

問い合わせは市みどり環境局環境活動事業課【電話】045・671・2484。