新型コロナウイルスの影響もあって、先行きが不透明な状態に不安を抱くビジネスパーソンが増えています。が、「正解はどこにもない。正解は自分で作るしかない」と話すのが、長きにわたって次代の経営者やリーダー育成に携わってきた伊藤羊一氏です。では正解を作るためにはどうすればよいのか。新著『FREE,FLAT,FUN これからの僕たちに必要なマインド』を上梓した伊藤氏が解説します。

正解は自分で作るしかない

現代社会はテクノロジーが急速に進化し、価値観も多様化しました。そして、さまざまな事件が起き、先が見えない社会です。とくに今回のコロナショックでは、いきなり経済活動が全世界でストップし、社会全体のシステムも個人の心理も大きくリセットされました。

それまでは、多くの人はどこかに“正解”を探して行動していた部分も強かったし、その正解は、それまでの常識やなんとなく従ってきたルールを前提にしていたように感じます。あるいは、正解は「みんながやっていること」だったかもしれません。多くの人がなんとなく大学に行き、なんとなく会社に就職する。みんながやっていたことが、同調圧力とともに正解とされてきた面もあるでしょう。

しかし、人類がうまく制御できない“見えないウイルス”との戦いとの共存を経て、多くの人が、自分の実感としてあらためて気づきはじめていると思います。「どこにも正解がない」と。

そう、正解はないのです。その正解は自分で作るしかありません。