一部上場企業の社長・企業幹部、政治家など「トップエリートの話し方」を1000人以上変えてきた岡本純子氏。

たった2時間の指導で「棒読み・棒立ち」を「会場を総立ちにさせるほどの堂々とした話し方」に変える「劇的な改善ぶりと実績」から「伝説の家庭教師」と呼ばれている。

その岡本氏が、全メソッドを初公開し、15万部を超えるベストセラーとなった『世界最高の話し方』に続き、このたび『世界最高の雑談力―― 「人生最強の武器」を手に入れる! 「伝説の家庭教師」がこっそり教える一生、会話に困らない超簡単50のルール』を上梓した。同書は発売3日で3万部を突破するなど、話題を呼んでいる。

コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「日本人が『マスクを外す日』が永遠に来そうにない根深い6大理由」について解説する。

「マスクの着用は今後どうなるのか」問題

国内のコロナ感染者も減少の一途をたどり、WHOのテドロス事務局長も「終わりが見えている」と発言をするなど、いよいよ長いトンネルの先の光が見えてきました

そこで気になってくるのが、感染対策として普及した「マスクの着用」は今後どうなるかという問題です。

故安倍晋三元首相の国葬には、海外の要人も数多く参加が見込まれますが、政府は「マスクの着用」を求めるとのことです。

さらに10月からは、海外からの観光客も、規制が緩和され、訪日が可能になります。

そういった人たちにも「マスクの着用」をお願いすることになるのでしょうか。

はたして、私たち日本人が「マスクを外せる日」は来るのか

これから、間違いなく大きな論議を呼ぶと思われる「日本人とマスク問題」について掘り下げてみましょう。