「明日のプレゼンはうまくいくだろうか」「昨日はあんなことを言ってしまった」など、私たちは日々、頭の中で話をしている。

このような「頭の中のひとりごと」(チャッター)はしばしば暴走し、あなたの脳を支配し、さまざまな問題を引き起こしてしまう。

一方、この「チャッター」をコントロールすることができれば、あなたは本来持っている能力を最大限に発揮できるという。

賢い人ほど陥りがちな「考えすぎ」から抜け出す方法とは何か? 今回、11月に日本語版が刊行された、40カ国以上で刊行の世界的ベストセラー、『Chatter(チャッター):「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法』について、『「繊細さん」の本』の著者で、HSP専門カウンセラーの武田友紀氏に話を聞いた。前編に続き後編をお届けする。

「自分らしさ」が生む迷い

現代の仕事の悩みで特徴的なのは、「自分らしく生きよう」というスローガンが耳に入ることによって、ただ頑張り続けることへの疑問が生まれやすい点だと思います。

SNSでさまざまな人のキャリアや暮らしぶりを目にして、「自分らしく生きる道があるようだ」と知っている。すると、「自分はこれでいいのか? もっといい仕事や生き方があるのではないか」と葛藤が起きるのです。

かつては、「仕事は苦しくてもひたすら頑張るものだ」という考えが主流だったかもしれませんが、今はそうではない。より自分に合った仕事や生き方を求めるなかで、自分の本心をみつめる機会がふえています。