ポルシェは電動化しても稼ぎ続けられるのか 2025年までに全モデルの5割の電動化目指す

ポルシェは電動化しても稼ぎ続けられるのか 2025年までに全モデルの5割の電動化目指す

今年創業70周年を迎えたドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェ。プレミアムカーブランドとして確固たる地位を築いている老舗であっても、時代の変化への対応を怠らない。ポルシェは、2025年までに全モデルの50%を電動化すると宣言。プラグインハイブリッド(PHEV)や電気自動車(EV)の投入を今後加速する。2022年までに、総計60億ユーロ(約7700億円)の投資を行う計画だ。

ポルシェの2017年の売上高は217億ユーロ(約2兆8200億円)、営業利益40億ユーロ(約5200億円)。設備投資額は16億8400万ユーロ(約2200億円)で売上高に対する比率は7.7%と競合他社と比較しても高い水準にある。2025年の費用対効果(ROI)の目標には21%を掲げる。回収には相当の時間がかかりそうだが、ポルシェはこの投資に価値があると確信している。

電動化で利益率低下は避けられず

同社初のEV「タイカン」の価格帯は「カイエンとパナメーラの中間となる」(前出のマイヤー氏)。参考までに、日本でのカイエンの税抜き価格は903万7037円、パナメーラは1075万9260円であるため、1000万円前後の価格になるとみられる。

電動車の立ち上げの段階では、バッテリーなど新たな部品の価格が高い。加えて、電動化への巨額投資を踏まえると、この価格水準ではポルシェが誇る高い利益率(2017年の売上高営業利益率は17.6%)が下がることは避けられそうにない。では、どのように収益化を進めるのか。

ルッツ・メシュケ財務・IT担当取締役は「車両の電動化によって利益率は落ちることは免れないが、その分をチャージシステムやさまざまなサービスからの収益でカバーしていく」と話す。この考え方は、「オプションで稼ぐ」ことで高収益を得てきたポルシェらしい発想だ。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索