福岡で見た「外国人技能実習生」の暗くない実情 ベトナム人が急増、就労環境整備は未だ課題

福岡で見た「外国人技能実習生」の暗くない実情 ベトナム人が急増、就労環境整備は未だ課題

受け入れ企業の社長に同行して、技能実習生が働く現場を見学させてもらった。宇美町の誠榮技巧は、ビルや学校などのサッシ取り付けを主とする建築会社。佐々木誠社長がベトナム人技能実習生を受け入れ始めたのは2018年11月だ。日本ではいい人材が集まらず、仕事の現場で他社の外国人実習生が働く姿を見て、グローバCAに相談した。

現場で働く職人たち。左から3番目が佐々木社長で、その左右がベトナム人の技能実習生。左がダットさんだ(筆者撮影)

初めて訪れたベトナムは「エネルギッシュで、日本人にとても友好的。送り出し機関に行くと、みんな礼儀正しくハキハキ挨拶して、AKB48グループの曲を歌ってくれたりした」と好印象を持った佐々木さん。

現地で9人と面接し、19〜23歳の男性3人を選んだ。「その場で採用決定を伝えると、『やったー』と大喜びしてくれて。日本ではそんな素直な反応を見たことがなかったので、とてもうれしかった」と振り返る。

将来は日系企業で働きたいという夢も語った

3人は佐々木さんの自宅の隣にある一軒家で暮らしている。毎朝、同僚である日本人の職人が車で迎えに来て、現場へ行く。一緒に働くメンバーと現場は、仕事の状況に応じて変わる。

3人が暮らす一軒家の2階にある寝室。清潔できれいに整えられていた(筆者撮影)

「最初はうちの職人も3人も戸惑っていたと思う。日本語の読み書きがある程度できても、職人は博多弁で早口だからヒアリングが難しいよね。現場は安全第一、双方にしっかりコミュニケーションを取ってほしいと伝えています」と佐々木さん。

何度か行き違いもあったが、職人たちは3人の人間性や仕事ぶりに接し、距離が縮まったという。今では仕事外でも一緒にご飯を食べ、生活の相談にものる。

3人がもっと学びたいと意欲をみせ、職人から「時間が空いたときに新しい技術を教えていいですか?」と佐々木さんに連絡がきたこともある。

3人は節約するために自炊し、現場に手作りの弁当を持ってくる。仕事は17時頃に終わり、夜は家でゲームをしたり、ベトナムの家族とビデオ通話で頻繁に話したりするという。穏やかな雰囲気のゴー・タイン・ダットさんは、いちばん年上で2人のお兄さんのような存在。

真剣なまなざしで黙々と働くダットさん(筆者撮影)

故郷で農業を営む両親と学生の弟がいる。仕事の内容に強いこだわりはなく、まずは来日するために借りたお金を返済し、稼いだお金を両親に送ることを第一に考えているという。

「正月にベトナム人15人でこの家に集まり、みんなでご飯を食べたのが楽しかった」と携帯の写真を見せてくれて、「佐々木社長が優しいから安心して過ごせます。将来は日系の会社で働きたい」と語った。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索