日本と台湾、「チョコ」が結ぶ長く深い意外な縁 「森永村」で日本人がカカオをつくっていた

日本と台湾、「チョコ」が結ぶ長く深い意外な縁 「森永村」で日本人がカカオをつくっていた

台湾が大好きな日本人は多い。日本から気軽に出かけられる国の1つであり、グルメや歴史を楽しめる。そんな人気観光地・台湾が、カカオの産地であることを知る人は少ないだろう。

カカオは言わずと知れた、チョコレートの主原料。アフリカや南米などで育つイメージが強いので「カカオって台湾でも獲れるの?」という声が聞こえてきそうだが、台湾南部の屏東(ピントン)県は、北緯22度を少し超えるくらいの位置にあり、カカオ栽培ができる。4月から6月は収穫の最盛期だ。

それにしても、南米原産で、熱帯の限られた環境下でしか育たないカカオが、なぜ台湾にあるのだろう。どのように台湾に渡ったのか――。歴史を探ると、日本統治時代の台湾と、日本人の姿が浮かび上がってきた。

日本統治時代、森永の創業者が台湾へ

1927(昭和2)年2月10日。大きな志を持って台湾へ渡った1人の日本人がいた。森永製菓の創業者、森永太一郎である。目的はカカオ栽培ができる土地を探すこと。森永氏は国内のチョコレート需要の高まりを受け、カカオを国内で栽培し(当時台湾は日本統治下だった)日本の未来のために、チョコレートの自給自足を図ろうとしたのだ。

森永製菓の創業者 森永太一郎 (画像提供:森永製菓)

総督府をはじめ、台北から台東まで、40日間にわたって休むことなく訪問・視察を続けた太一郎は、カカオ栽培のための基盤を作って帰国。その事業を当時の常務取締役、大串松次氏に引き継いだ。

遺志をついだ大串氏は、1937(昭和12)年2月に台湾へ渡り、栽培方針を固めて、屏東に約1万8000坪、台東の阿塱衛(アロエ)地区の農地を開墾する許可を得た。1939(昭和14)年には「森永台湾殖産会社」を設立。屏東には新しく研究所や実験農場を構え、カカオ栽培が本格的に進められた。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索