貧富の差が酷くても米国が日本より住み易い訳 ぐっちーさん「アナハイムで考える日米の差」

貧富の差が酷くても米国が日本より住み易い訳 ぐっちーさん「アナハイムで考える日米の差」

今、アメリカのカリフォルニアにおります。今回は大谷翔平君(MLBアメリカンリーグのエンジェルス所属)が見られるように、アナハイムに拠点を置きました。

大谷翔平選手は「良い選択」をした

毎日抜けるような青空、気温25度湿度30%の世界は本当に過ごしやすい。日差しが強いのだけが厳しいとはいえ、普段はオフィスの中にいるので、問題ないわけです。「えっ、エネルギー問題?」なんて言葉が出るほど、エアコンをガンガンかけてビール飲んでる、という状態ですから、これはもう、エネルギーテロリストです(笑)。

「お前ら、もう少し考えたらどうなんだ!」と言っても、現地では「アメリカはシェールオイルのおかげでエネルギーは自給自足できるんだから、もう気にしなくてもいいの!!」というお言葉が返ってきます。

本当は「昔のような『V8』みたいなでかい車に乗ってバリバリ走りたい!!」というのが多くのアメリカ人男性の本音です。しかし、そこは女性の方が「そんなやつとは付き合いたくない」、とブレーキをかけていて、「イエーイ、おれはエネルギーにも気をつけている、イケてるアメリカ人だぜ!!」なんて気取るやつが多いので、トヨタ自動車のプリウスが売れる、とも言われています。実際カリフォルニアではプリウスが売れているのです。

ニューヨーク、ダラスなどのビジネス都市と大分違って、サンフランシスコなど、西海岸はやはりおおらかです。ここ、アナハイムに至ってはもう、「全米いい人コレクション」ができるんじゃないか、と言うくらいで、まあ、もともと「全米納税ランキング1位」というのを何度も取っているような町ですから、とにかくお金持ちが多い。夜中の2時に2ブロック歩いても全く命の危険を感じないという、アメリカでは極めて珍しい町です。大谷君はいい選択をしましたね。

今回の一番の大事件は、なんとワタクシのキャッシュカードがホテルのATM(現金自動預け払い機)に吸い込まれて出てこなくなったこと。「えーっ、困るじゃん!!」と、いつもの剣幕でホテルのフロントへ行ったわけです。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索