トヨタ「新型RAV4」実際買うならどのグレードか 駆動方式や各グレードの価格をチェック!

トヨタ「新型RAV4」実際買うならどのグレードか 駆動方式や各グレードの価格をチェック!

後輪のトルクを100:0から0:100までフレキシブルに変化させることでコーナリング性能を上げるトルクベクタリング機構は、思ったとおりのラインをトレースして走ることができる。まるでスポーツカーのような安定したコーナリングを実現してくれるスグレモノなのだ。

また、ディスコネクト機構は後輪に動力を伝達させる駆動系をドグクラッチで切り離し(ディスコネクト)、駆動系の回転を瞬時に停止。動力の損失を大幅に低減し、燃費性能を向上させるものであり、4WDのトラクション性能と2WDの燃費性を両立させるシステムとなっている。

この「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は2リッターガソリンエンジンを搭載した「Adventure(313万7400円)」と「G“Z package”(334万8000円)」の2グレードに搭載される。

ハリアーやC-HRにも搭載

それ以外の2リッターガソリンエンジンを搭載する4WD車である「G(320万2200円)」と「X(283万5000円)」には「ダイナミックトルクコントロール4WD」を搭載。

これはすでにハリアーやC-HRのガソリン4WD車にも搭載されているもので、電子制御によって、通常走行時には前輪駆動状態で燃費効率のよい走りを実現。発進時や滑りやすい路面での走行時には、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分するというスタンダードな電子制御4WDとなっている。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索