トヨタ「新型RAV4」実際買うならどのグレードか 駆動方式や各グレードの価格をチェック!

トヨタ「新型RAV4」実際買うならどのグレードか 駆動方式や各グレードの価格をチェック!

そして2.5リッターハイブリッド仕様の「HYBRID G(381万7800円)」と「HYBRID Xの4WD車(345万0600円)」には、トヨタのハイブリッド4WDに広く採用されている「E-Four(電気式4WDシステム)」が搭載される。

新型RAV4は消費者に受け入れられるだろうか(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

こちらは加速時や雪路などの滑りやすい路面で、スムーズに4WD状態へ切り替えることで、発進性、走行安定性を賢くアシストするもの。さらなる進化によって後輪トルクの出力を増加させたうえで、前後輪トルク配分を100:0〜20:80へと高め、より緻密に制御。旋回時に、思い描いたターゲットラインを的確に捉えてくれる。

なお、4WDとしての走破性は、ダイナミックトルクベクタリングAWD>ダイナミックトルクコントロール4WD>E-Four(電気式4WDシステム)となるので、使い方や目的でチョイスしたいところだ。

ちなみに4WDは不要というユーザーにはガソリンエンジンモデルの「Xの2WD(260万8200円)」とハイブリッドモデルの「HYBRID Xの2WD(320万2200円)」の2択となる。

Adventureのコストパフォーマンスのよさ

専用デザインのバンパーや大型ホイールアーチモール、専用の2トーンカラーの設定など、アグレッシブなイメージを持つRAV4のイメージリーダー的なAdventureと本革ステアリングやパワーバックドアに加え、ほかのグレードではオプション設定となるインテリジェントクリアランスソナーやリアクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニターなどが標準装着となるG系、装備を厳選してリーズナブルな価格としたX系に分類されるが、専用装備を持ちながらダイナミックトルクベクタリングAWDという先進の4WDシステムを持つAdventureのコストパフォーマンスのよさが光る。

HYBRID Gの4WDも動力性能や燃費のよさなどが魅力的ではあるが、Adventureに比べて70万円弱も高くなってしまうことを考えると、やや割高感を感じてしまうのではないだろうか。

著者:小鮒 康一


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索