「親の金」を将来確実にもらうための5つの鉄則 親をかんぽ生命のような「酷い営業」から守れ

「親の金」を将来確実にもらうための5つの鉄則 親をかんぽ生命のような「酷い営業」から守れ

さて、ここからは競馬コーナーだ。今週末は、わが故郷の札幌で札幌記念(G2)が行われる。今年は、G1馬が4頭も参戦し、まるでG1レースのような豪華メンバーだ。距離は2000m、負担重量はハンデではなく別定の条件なので、実績が示す実力どおりに決まりそうに思うのだが、このレースはそう簡単ではない。

1つには、実力馬の目標は秋の大レースにあり、各馬がここにどこまで調子を合わせてきているのかの判断が難しい。また、おおむね平坦で小回りながら、洋芝で案外タフという札幌競馬場の芝コースを経験している有力馬が少ないことも予想を難しくしている。競馬は、見かけの実力差以上に、そのときの条件(馬場、調子、展開など)で着順が入れ替わるゲームだ。

札幌記念の本命は「ブラストワンピース」で

本命にはブラストワンピースを狙いたい。軽い高速馬場だとディープインパクト産駒に伸び負けするようなタイプだが、小回りで直線が短くそれなりにタフな札幌の馬場には合いそうな脚質だ。前走の負け具合(目黒記念8着)も人気面で妙味を添えてくれそうだ。

対抗には、唯一の3歳馬、ランフォザローゼスを抜擢する。小回りの2000mでうまく立ち回れそうなタイプだし、54キロの斤量は有利だ。

3番手には、小回り向きのイメージではないが、レースのうまい実力馬フィエールマンを人気でも押さえるべきだろう。

以下、鞍上のミルコ・デムーロ騎手が不気味なペルシアンナイトに、定石どおり過去の同レース勝ち馬のサングレーザーを押さえる。共に距離が少し長いが、コースが小回りかつ平坦なので展開次第で馬券に絡みそうだ。

昨年のダービー馬ワグネリアンは、明らかに秋の府中の大レース向きだ。今回は狙わないことにする。

著者:山崎 元


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索