新体制4年の大井川鉄道、劇的に変わった経営 親会社エクリプス日高が静岡で仕掛ける動き

新体制4年の大井川鉄道、劇的に変わった経営 親会社エクリプス日高が静岡で仕掛ける動き

大井川鉄道を取り巻く環境はさらに変化している。今年4月1日から運営が民間委託された富士山静岡空港は、大井川鉄道の新金谷駅からバスでわずか18分という近さだ。この立地を活かそうと、7月20日から1年間の予定で、路線バスの実証運行が始まった。

実証運行が始まった、富士山静岡空港と新金谷駅を結ぶバス。LCCチェジュ航空の広告ラッピングを施している(筆者撮影)

大井川鉄道グループの大鉄観光バスの27人乗り中型車に、LCC(格安航空会社)チェジュ航空の広告をラッピングした、なかなか派手なバスだ。新金谷から富士山静岡空港間に8本、逆方向は6本の設定がある。片道500円で、途中のJR金谷駅前発着だと400円。ただし、新金谷―金谷間だけの乗車はできない。

専用バスを使いながら往復の本数が違ったり、新金谷行きの初便が「きかんしゃトーマス号」はもちろんのこと「SLかわね路号」にもわずか10分差で間に合わなかったりと、改善の余地は垣間見られるが、大井川鉄道への観光客誘致に活用できる素地は十分にある。

グループはさらに広がる?

ところで、大井川鉄道は永らくSLの動態保存の先駆者として活躍してきたが、動態保存に欠かせないのがボイラーのメンテナンスだ。これを手がけてきた東海汽缶も、2018年4月にM&Aによってエクリプス日高の子会社となり、大井川鉄道とはグループ会社になった。

エクリプス日高は、企業再生の発端となった北海道では静内エクリプスホテル1軒のままなのに対して、静岡県内では大井川鉄道をはじめ惣菜・弁当、さらにはボイラーの保守を担う会社までグループに加え、積極的な拡大を続けている。エクリプス日高が経営に参画した2015年度以降、大井川鉄道は黒字に転換し、同社による再建は着実な成果を上げているが、その実績が静岡でのグループ拡大にもつながっているといえそうだ。

そんな中で、大井川鉄道が沿線の名所である「SLビュー」のホテル運営に乗り出したのは、親会社やグループ各社との連携を生かすことができるという点から見ても、自然な流れだったといえるだろう。

この先、静岡県内でさらにグループ企業を増やしていくのか、そして各事業の間にどんな相乗効果を生むことができるのか。鉄道の運営にどのような効果や影響をもたらすのかも、この先の展開で注目されるところだ。

著者:伊藤 博康


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索