アメリカ発の「代替肉」が気づけば急拡大の予感 植物から肉を製造・販売する企業に注目集まる

アメリカ発の「代替肉」が気づけば急拡大の予感 植物から肉を製造・販売する企業に注目集まる

2019年のアメリカにおける株価は、ここまで一進一退の推移が続いている。昨年末の急落から反発、年初から再び上昇基調が続いたが、5月の対中制裁第3弾発表を受け下落。程なく反騰し年初来の高値を更新したものの、制裁第4弾を発表した8月には再び下落するなど、米中貿易戦争が大きく影響した格好となっている。

東洋経済では『米国会社四季報』を年2回刊行している。最新刊となる2019年秋冬号がこのほど発売となった。

アメリカの上場企業数はNYSE(ニューヨーク証券取引所)が約2300社、NASDAQが約3000社あり、日本の約3700社をはるかに上回る。今号では、代表的な指標であるS&P500指数の採用銘柄を中心に(REITは除く)、知名度の高い企業や、注目企業、話題の新興企業なども含めた687社を掲載している。

何かと話題のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)やコカ・コーラ、ナイキなど日本でもよく知られているグローバル企業から、独自の技術やサービスを持つ新興企業まで、幅広いニーズに対応できるよう厳選。誌面では、各企業の事業内容のほか、業績(実績、予想)や財務状況、5年分の株価チャートなどを掲載している。

昨今は、低金利の長期化や日本企業と比べたパフォーマンスのよさなどから、米国株投資への関心が高まっている。編集部では、毎号の発売に合わせ、注目の業種や話題のテーマなどさまざまな切り口から追加の情報を紹介している。今回は、これから成長・拡大していくとみられるテーマ・商品・サービスを取り上げていく。

ビヨンド・ミートが急成長

毎年、新しい企業が続々と上場を果たす米国株市場。そんなIPO市場において、今年最も話題となったのがビヨンド・ミート(BYND)の上場ではないだろうか。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツやハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオといった著名人が出資していることに加え、IPO価格25ドルに対し、今年5月2日の上場初日は終値が65.75ドル、その後上昇を続け7月末には239ドルと、当初の10倍近くにまで達したことで一気に注目が高まった。

同社は2009年に設立された企業で、植物由来の材料を使用した代替肉を製造・販売する企業だ。「ビヨンドバーガー」や「ビヨンドソーセージ」などの商品を展開しており、世界中の5万3000以上の小売店、レストランなどで販売されている。

ビヨンドソーセージ(写真:Beyond meat)

同社の資料によると、主力商品の「ビヨンドバーガー」は、エンドウ豆、緑豆、コメの組み合わせで、完全なタンパク質、肉の味と食感を再現し、霜降りに見立てた脂肪分はココナッツオイルとココアバターで、赤い色はビーツで再現しているということだ。

また、遺伝子組み換え作物はもちろんのこと、大豆やグルテンも使用していないという。


関連記事

おすすめ情報

東洋経済オンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る