今年4月頃から、ある川崎市の住宅が嫌がらせを受け続けている。無関係にもかかわらず、音楽系YouTuber・鈴木ゆゆうたの実家とする情報がインターネット上に流れたことが原因だ。

「火が出ている」といううその通報が警察や消防に寄せられたり、放火や殺害を予告するメールが市役所に送られたり、頼んでいない学校案内のパンフレットや宅配ピザが送りつけられる被害が相次いでいるのだ。嫌がらせがエスカレートしていることから、警察官を常駐させて警備する事態に陥っている。

鈴木ゆゆうた自身も、過去にも自宅を3回も特定されたほか、2回殺害予告を受けるなど、多くの被害を受けている。2020年6月に鈴木ゆゆうたのふりをして都内の学校や電通に爆破予告を送りつけた犯人は逮捕されているが、その後も被害は続いているというわけだ。

YouTuberは子どもの憧れの職業の定番となりつつあるが、実はさまざまな事件の被害者となっていることをご存じだろうか。人気YouTuberたちの抱える大きなリスクについて解説したい。

「命の危険さえ感じる」ストーカー被害も

YouTuberの受ける被害で最も多いものの1つが、ストーカー被害だ。顔と名前を出して動画を投稿することでファンから自宅を特定され、ストーカーされる被害は多い。

「YouTuberの自宅は調べると情報が出てくる。実は大好きなYouTuberに会いたくて、近くまで行ったことはある」とある大学生から聞いた。

最寄り駅まで行ったところでわれに返って、YouTuberの行きつけの店に寄って帰ったそうだ。「『これ以上行くと犯罪者になってしまう』と思ったからやめただけで、本音では会いたかった」という彼はその後もそのYouTuberの情報を集めているそうだ。

芸能人やYouTuberなどの自宅につながる画像や情報はインターネット上に多くあふれており、待ち伏せすることなども難しくない状況にある。実際に自宅に押しかけたり、侵入したファンもいて、過去に何度も事件になっている。

2017年クリスマス、YouTuberのはじめしゃちょーは、「ストーカー系YouTuber」を自称する女に自宅に侵入され、追い出して通報している。

この女は11月にもはじめしゃちょーの自宅前に座り込んでインターホンを連打するなどして、付きまとい禁止命令を受けていた。このほかにもバレンタインデーに別の男性YouTuberの自宅を動画から割り出し、ストーカー行為をして逮捕されるなど、ストーカー行為を繰り返していたようだ。