通常国会の召集に合わせたように、菅義偉首相がコロナワクチン接種の担当に河野太郎規制改革相を起用する「サプライズ人事」(政府筋)を断行した。

河野氏は「ポスト菅」の有力候補の1人で、政治家としては桁違いの200万人超のツイッターフォロワー数を含め、政治家としての発信力は抜群だ。

その一方で、政界では「唯我独尊」(自民幹部)ともみえる立ち居振る舞いから「自民党の異端児」(閣僚経験者)と呼ばれ、ワクチン接種という「極めつけの難事業」(政府筋)の総合調整役としての疑問や不安も指摘されている。

失敗すれば河野氏の責任に

河野氏はコロナ担当の就任時に、NHKの看板番組だった「プロジェクトX」を引き合いに出して早期ワクチン接種実現への決意を語った。しかし、永田町では「成功すれば自らの手柄、失敗すれば河野氏の責任という、菅流の狡猾な人事」(自民長老)との声も相次ぐ。

1月18日に召集された通常国会は「文字通りのコロナ国会」(自民国対)だ。7日の緊急事態再宣言による感染防止の成否が「菅政権の命運を決める」(政府高官)とみられており、菅首相のコロナ対応をめぐる与野党攻防も国会の開会冒頭から緊迫している。

注目を集めた菅首相の就任後初の施政方針演説は、相変わらずの棒読みに加え、言い間違えや読み間違えが際立った。SNS上でも「まったく心に響かない」などの書き込みがあふれ、主要メディアでも辛辣な論評が目立つ。

野党側は「感染拡大は後手後手に終始している菅政権による人災」(枝野幸男立憲民主党代表)と猛攻撃。政権危機にもつながる政治的苦境を打開する菅首相の「窮余の一手」(政府筋)が、河野氏のワクチン担当への起用だった。