先日最終話が放送された『相棒season 19』(テレビ朝日系)。視聴率も安定して高く、いまやドラマ史に残る長寿シリーズとなった。そしてもちろんほかにも、ドラマや映画の世界では国民的人気を博し、長寿シリーズとなった作品がこれまで数多くある。では、長寿シリーズになる条件とは何なのだろうか? いくつか具体例をもとに、考えてみたい。

長寿シリーズの代表格、「寅さん」シリーズ

長寿シリーズと聞いて、真っ先に「寅さん」シリーズ、映画『男はつらいよ』を思い出す人はきっと多いだろう。

実は『男はつらいよ』には、映画版の前にフジテレビで放送されたテレビドラマ版があった。このドラマ版で、最後、渥美清演じる寅さんはハブに噛まれて死んでしまう。ところが、この結末に視聴者から抗議の声が殺到し、その人気にも後押しされて映画化されることになった。

そして1969年に、山田洋次監督による映画第1作が公開。鳴り物入りというわけではなかったが、予想以上のヒットを記録する。それから人気もさらに右肩上がりとなり、お盆と正月恒例の映画としてシリーズ化された。現在まで、特別編なども入れると計50作が制作されている。

長寿シリーズになった理由としては、何といっても主人公の魅力がある。寅さんこと車寅次郎は、テキ屋稼業で全国各地を転々とする風来坊。人情に厚く困った人を見ると放っておけない。

また行く先々で出会った女性に一目ぼれするが、いつも失恋してしまう。そんな愛すべきキャラクターを渥美清が絶妙に演じ、「寅さん」は国民的人気者になった。架空の人物でありながら、どこかに実在するかのような親近感を私たちは抱くようになった。