「ウマ娘」旋風がすさまじい。

インターネット広告代理店最大手・サイバーエージェントが4月28日に発表した2021年9月期第2四半期(1〜3月期)決算は、売上高が1634億円で前年同期比26.6%増、営業利益は258億円で同2.1倍となった。最大の要因は、傘下のサイゲームスが今年2月に配信を始めたスマートフォンゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』の大ヒットだ。

株式市場も好決算を評価し、翌営業日の4月30日には株価が2248円をつけ前日比15%の上昇となり、上場来高値を更新した。株式時価総額は初めて1兆円の大台を突破。広告代理店最大手の電通グループ(同日時点で9690億円)をも上回った。

ウマ娘は配信開始当初にアップルのアップストア、グーグルのプレイストアの売り上げランキングでトップに躍り出ると、その後もほぼ独走の状態が続いている。4月8日にはダウンロード数が500万を突破した。ゲームの課金収入は直近ですでに300億円近くまで伸びたとの予測もある。

延期を経て、待望のリリース

ウマ娘は、サイゲームスがゲームやマンガ、アニメなど、さまざまなメディアでコンテンツ化できるIP(知的財産、キャラクター)を開発するために2016年に立ち上げた一大プロジェクトだ。

最大の特徴は、実在する競走馬の名前や特長を当てはめたキャラクター設定だ。「実際の競馬の世界観や歴史をできるだけ忠実に表現することに注力してきた」(サイゲームスの近石愛作取締役)。ゲーム開発が始まった2016年にまずマンガを発行し、翌年にはライブイベントを開催。そして2018年にはアニメシリーズの第1弾がTOKYO MXなどで始まり、第2弾も今年1月から放映された。

ゲーム開発はプロジェクトの中心で、当初は2018年にリリースされる予定だったが、「全体的な質や完成度を高めるために延期した」(近石氏)。これまでの決算発表の場でもウマ娘は期待の新作として取り上げられていたが、リリースのメドがなかなか立たず、ファンからも待ち望む声が高まっていた。「大変長らくお待たせすることになったが、自信を持って提供できる作品になったと思っている」(同)。