アフリカが、かつて日本や中国、インドが歩んできた道を、加速度をつけて突き進んでいます。前回に続き、『超加速経済アフリカ』を上梓した、アジア・アフリカのスペシャリストの椿進氏が、教科書では学べない、テレビや新聞にも書かれていない、アフリカのいまについて解説する。

アフリカの南北の距離は、日本ードバイの距離と同じ

アフリカの今を、ファクトフルネスで理解していただくために、今回も、問題から始めたいと思います。

次の問題の答えがわかりますか?

問1 アフリカ大陸の大きさは?
① アメリカの面積より大きい
② アメリカと中国を足した面積より大きい
③ アメリカと中国とインドと欧州と日本を足した面積より大きい

問2 アフリカの2050年の人口予測は?​
① 18億人/世界人口のうち約18%
② 25億人/世界人口のうち約25%
③ 30億人/世界人口のうち約30%

問3 ケニアのモバイルマネー「M-PESA」の普及率は?
① 成人の26% 
② 成人の56%
③ 成人の96%

*答えは、この記事の最後に掲載しています。

日本人がいかにアフリカについて知らないか。

実は、ほとんどの人がアフリカの大きさについてわかっていません。

これはお伝えすると驚かれるのですが、アフリカは想像していたよりもはるかに大きいのです。

いわゆるメルカトル図法の世界地図では、高緯度の地域は実際よりも大きく見えてしまうため、どうしても赤道付近にあるアフリカ大陸は、相対的に小さく見えてしまいます。

アフリカ大陸がどのくらい大きいか。

こんな話を講演などではよくします。アフリカの東西南北の長さです。南北は8000㎞、東西で7400㎞あるのですが、これがどのくらいの距離なのか。