「株式会社ホシノインパル」は、元レーシングドライバーで、「日本一速い男」と呼ばれた星野一義氏が経営する自動車用カスタマイズパーツの専門メーカーだ。

創業した1980年以来、40年以上にわたり日産自動車の市販車向けに、スタイルや性能を向上させるチューニング用パーツを数多く世に出している老舗企業。星野氏が自ら開発を務めたエアロと呼ばれる外装部品やホイール、サスペンションなどは、高い品質や機能の向上などに定評があり、今までさまざまなヒット商品を生み出してきた。

そのため、同社ブランド「インパル」の名前は、昔からのクルマ好きやレースファンにはあまりにも有名だ。また、各パーツは日産ディーラーで購入可能なこともあり、実際にインパル製品を愛車に装着した経験を持つ方も多いだろう。

アフターパーツ業界の有名企業であるホシノインパルを、星野氏が創業したのは32歳のとき。一流レーサーとして数々のレースで勝利を収め、テクニックや経験など現役選手としてもっとも脂がのっていた時代だ。つまり、レーシングドライバーという本業を務めるかたわら、サイドビジネスともいえるホシノインパルを創業したのだ。

現役絶頂期に、なぜ同氏は新たなビジネスへ進出したのか。また、40年以上続く国内企業は全体の10%以下ともいわれるなか、いかにして企業を長年継続させられたのか。ここ数年、多くのビジネスマンがサイドビジネスに注目しはじめたなか、まさにその先駆け的存在である星野氏に、創業の経緯や当時の苦労話、独自の経営哲学などを伺った。

ホシノインパル創業の経緯

星野氏が現役時代に乗ったレーシングマシンの1台。1990年式スカイラインGT-RグループA カルソニック(写真:日産自動車)

星野氏は、1970年代から2000年初頭まで日産自動車のファクトリーチームに所属し、数々の4輪車レースで勝利を収めた伝説のレーサーだ。カルソニックGT-R(R32型スカイラインGT-Rがベース)で出場した全日本ツーリングカー選手権、フォーミュラーカーシリーズの全日本F3000選手権、富士GC(グランドチャンピン)シリーズなど、国内主要レースを総なめにし、前述のとおり、「日本一速い男」と呼ばれた。

また、F1やヨーロッパF2選手権、ル・マン24時間レースなど海外メジャーレースでも大きな活躍をみせ、当時のレースブームを牽引した立役者だ。現役当時はテレビCMにもたびたび出演していたこともあり、40代以上であれば同氏をご存じの方も多いだろう。