最近、表参道界隈で最も話題になっているショップはスペイン発の高級ブランド、ロエベかもしれない。ロエベはパンデミックのこの時代においても、好調な売り上げを維持している。それとも、表参道ヒルズにも期間限定ショップをオープンさせたアパレル有望株メゾン マルジェラだろうか。

外国人観光客に人気の土産物店オリエンタルバザーも話題の的だ。現在、同店は一時休業中だが、フランスのラグジュアリーブランドグループ、LVMHがその商用リースを手にしようとしていることは複数のメディアが報じている。

タグ・ホイヤーが入居するビルも標的に

実際、6月から改装工事が行われており、店頭には「この改装に伴い1979年から皆様に愛されてきた、赤い柱と緑の屋根の店構えはなくなり、コンパクトなオリエンタルバザーに生まれ変わります」との張り紙が。交渉に詳しい人物によると、LVMHはここにフェンディのショップをオープンする予定としている(フェンディはすでに表参道にショップを構えている)。

現在休業中のオリエンタルバザーでは、6月から改修工事が始まった。店頭の貼り紙には、新店舗での営業開始は2022年を予定しているという(東洋経済オンライン編集部撮影)

オリエンタルバザーの隣に位置する赤レンガのビルは現在、高級腕時計ブランドのタグ・ホイヤーやイギリスの高級靴ブランド、チャーチなどが入居している。関係者への取材によると、同ビルは所有者の1人が売却を拒んでいるものの、ミツカンホールディングスの中埜和英会長がファンド、タイタンキャピタルを通じて買収に動いている。

東洋経済の取材に対してタイタンキャピタルは、「回答できない」としているほか、ミツカンも「お答えすることはない」としている。

タグ・ホイヤーなどが入居するビルも争奪の対象に(写真:東洋経済オンライン編集部撮影)

表参道のど真ん中、バーバリーとルイ・ヴィトンに囲まれた教会、東京ユニオンチャーチ(TUC)もターゲットになった過去がある。

2016年、サンローランやグッチなどを傘下に持つフランスのラグジュアリーブランドグループ、ケリング・グループの子会社、ケリングトウキョウインベストメントがこの土地の買収を持ちかけた。交渉に近い人物によると、「ケリングは教会を解体し、1階を高級ブランド店に、2階を教会にしたいと考えていた。TUCは申し出を検討したが、最終的には拒否した」。

JR原宿駅からまっすぐ伸びる900メートルにも及ぶケヤキの並木道。パリのシャンゼリゼをも彷彿とさせる表参道は今、高級ブランドを巻き込んだ不動産をめぐるバトルフィールドとなっている。