今年の4月初旬以降、個人投資家の方々を中心に「ニューヨークダウ(以下、NYダウ)は上がり続けているのに、なぜ日経平均株価は上がらないのか?」という質問をいただくことが多くなった。5月の後半以降は日経平均も戻り歩調を強めているが、今回のコラムではこれをとりあげたい。

4月を起点に差がついた

まず、以下の日経平均とNYダウ(ダウ工業株30種平均)の株価を比較したチャート(日足)をご覧いただきたい。

(出典:筆者作成)

2021年1月4日のそれぞれの株価(2万7258円、3万0223ドル)を100として、直近の6月11日まで日次終値ベースで折れ線チャートを描いてみた。緑が日経平均、赤がNYダウのチャートだ。

日経平均は、当面の戻りの限界が明らかになった4月5日の3万0089円(3番目の天井)が110.4(年初来10.4%上昇)だが、ここを起点にNYダウとの差が開き始めたことがわかる。まるでワニの口のようだ。日経平均は6月11日現在で106.2、NYダウは114.1となっている。

ではなぜ日経平均はNYダウに比べ出遅れたのか。3、4、5月の月次ベースで説明してみよう。