海上貿易が活況を呈する中、貨物船の造船需要が爆発的に増えている。イギリスの海運調査大手のクラークソンズ・リサーチが7月6日に発表したデータによれば、世界の造船会社が2021年上半期に受注した新造船の数は累計766隻、受注量は前年同期の2.92倍の2402万CGT(標準貨物船換算トン数)に達した。上半期の受注量としては2014年以来の最高記録更新だ。

そんななか、中国の造船業界は新規受注および建造中の量で世界首位の座にあるものの、2位の韓国に激しく追い上げられている。今年上半期に韓国が受注した新造船は前年同期の約7倍の1047万CGTで、中国との差はわずか12万CGTだった。クラークソンズ・リサーチによれば、韓国の新規受注は今年後半には中国を追い抜く可能性があるという。

なお、世界の造船会社では6月末時点で合計8091万CGTが建造中であり、そのうち中国、韓国、日本の3カ国の占める比率が82%に達している。具体的には中国が3041万CGTでシェア38%、韓国が2673万CGTで同33%、日本が890万CGTで同11%となっている。

中国の造船コストは韓国より高いとの指摘も

「日本は造船コストが高すぎるため、受注競争は中国と韓国の一騎打ちになっている。韓国の造船会社は高度な造船技術が必要とされる液化ガス運搬船で優位に立つのに対し、中国の造船会社はコンテナ船やばら積み貨物船の受注に注力している」。財新記者の取材に応じたある国有造船会社の関係者は、現状をそう分析した。

本記事は「財新」の提供記事です

さらに、この関係者は「鋼材などの原材料価格が大幅に上昇するなか、中国の造船コストはすでに韓国より高くなっている」と指摘。その理由について、「韓国の造船会社は元々、船の建造工程の効率化が中国より進んでいる。そのうえ、韓国の原材料価格は(現時点では)中国よりも廉価だ」と説明した。

原材料価格の値上がりを受けて、新造船の価格も上昇している。クラークソンズ・リサーチが発表している新造船価格指数は、今年6月に138.5を記録。2017年3月の121.4と比べて14%高い水準にある。

(財新記者:賈天琼、包志明)
※原文の配信は7月7日

著者:財新 Biz&Tech