年明けの緊急事態宣言発出以降、「平時」と言える時期がほとんどなく、閉塞感に包まれている。ワクチン接種の普及も遅々として進まず、夏休み、お盆休みと言っても旅行や帰省もままならない状況だ。

そんな中、ひととき、南国の風を味わえるイベントとして開催されるのが「THE HAWAII SELECTED by MAKI KONIKSON」。7月16日〜8月15日の1カ月間、六本木ヒルズ・ヒルズボックスでオープンする期間限定ショップだ。

インスタのフォロワーは35万人以上

注目を集める理由は、人気コーディネーター、マキ・コニクソンさんによるプロデュースイベントであること。マキさんはハワイ在住で、雑誌やテレビなどメディアの現地ロケコーディネート、イベントのプロデュースを通じて、ハワイの魅力を日本に伝え続けてきた。今回、日本で行われるプロデュースイベントとしては6年ぶりで、貴重な機会であることも注目度を高めている。

さらに、ハワイの美しい風景や最新情報を届けるマキさんのインスタグラムはコロナ禍、多くの人の支持を受け、35万人以上のフォロワーを抱えるまでに至っている。

このように、コロナ禍だからこそ従来に増して高まっている、ハワイへの熱い思いに応えるイベントでもあるのだ。

今回はそのマキさんにインタビューし、イベントの見どころや開催の狙いを聞いた。

マキさんによると、まずイベントを決行することが大きな決断だったという。

「昨年六本木ヒルズさんからお話をいただいていたのですが、コロナで開催できない状況になってしまいました。そして、今年も感染拡大が心配される状況で、ギリギリまで開催するかどうか迷ったんです。でも、周囲に話を聞くと、『出かけられないし何もかも自粛で楽しみがない』『気持ちが暗くなる』という声が聞こえてきました。こんなときだからこそルールを守り、対策を万全にして開催し、元気になってもらいたい。イベントを成功させ、他のさまざまなイベントにも道を開きたい。そんな思いで開催を決めました」