2018年のフルモデルチェンジで、5代目となったスバルのSUV(スポーツ多目的車)「フォレスター」が大幅改良を行い、6月14日に先行予約を受け付けた。発売は8月の予定だ。

フォレスターの初代は、小型車の「インプレッサ」をもとに1997年に誕生した。アメリカで人気を高めてきたSUVをスバルでも出そうとの背景から生まれたが、より乗用車的なクロスオーバーというべき車種だった。

スバルには、すでに「レガシィアウトバック」という、ステーションワゴンをもとにしたクロスオーバー的な車種があり、これもスバル独創の1台として北米で人気があった。これに、やや小型で、同時に車高がより高いSUVとしてフォレスターは登場したのである。そして3代目から今日に通じるSUVらしさがより強められた。

高性能4WD+手頃な価格が北米でのヒットにつながる

北米でのスバル人気の底堅さは、4輪駆動車である点が大きい。欧州車で4輪駆動となると高価になるが、スバルなら手頃で、それでいて4輪駆動の技術は高い。北米の新車販売では、標準タイヤがオールシーズン仕様であるように、大陸を横断や縦断するように移動すると、標高の高い山を越える場面があるし、南北の移動では季節が大きく変化し、雪道が現われる可能性も高まる。したがって、アメリカでの4輪駆動は、日本のように降雪地帯を中心に需要が高まるのと違い、たとえカリフォルニアに住んでいても、クルマで国内を移動するとなれば雪道や、未舗装路などへの備えが必要になるのである。そうした土地柄では、手頃な価格の身近な4輪駆動車があれば頼もしい。

フォレスターとともに北米人気の高いレガシィアウトバック(写真:SUBARU)

スバルのアウトバックもフォレスターも、そうした需要に適合するクルマなのである。そして、スバルの北米販売を牽引するのが、まさしくアウトバックとフォレスターだ。したがって現行のフォレスターも、まずニューヨークでお披露目された。

5代目となる現行フォレスターは、スバル・グローバル・プラットフォームと呼ばれる新世代のプラットフォームを採用した。これは、インプレッサから採用がはじまり、今日では最新のレヴォーグも採用している。