運送業として今年最大規模の倒産は、「借金地獄」を絵に描いたような内容だった。

通販商品を主体とした軽貨物運送を手がける「51」(神奈川県川崎市)は6月18日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債は約14億5000万円で、このうち借入金は16の金融機関に対して10億円にのぼった。ドライバー出身の代表が起業して10年あまり。51の倒産までの顛末を追った。

設立7年で年商16億円突破

会社設立は2011年12月で、軽貨物ドライバー出身の現代表が起業した。設立後3年ほどは運送会社勤務とかけ持ち状態が続いたが、2015年2月期からは当社の業務に専念するようになった。独立後は当社が受注した業務をドライバーに任せて歩合を支払う形で事業を展開。大手運送会社や地元運送業者からの手配業務を担い、搬送自体は主に外注業者を利用していた。

主として書籍や食品などの通販商品を個人宅向けに配送するほか、2トン・4トン車を利用した法人向けや、緊急的な配送を請け負うスポットチャーターも手がけた。神奈川県をはじめ埼玉県、東京都など首都圏をカバーし、代表の業界経験と独自のネットワークを背景に、ピーク時の2018年度には年間売上高は16億円を突破。翌2019年度は年商20億円を目標に掲げるなど、拡大路線を敷いていた。

しかし、いざ蓋を開けてみれば、2020年2月期の年売上高は約11億300万円、翌2021年2月期も約9億800万円にとどまり、大幅な債務超過に転落。ついには資金繰りも限界となり、ゴールデンウィーク中の5月1日に事業停止を決断し、破産申請に至った。わずか2年前まで対外的には順風満帆だったはずの当社の舞台裏で、いったい何が起きていたのだろうか。