日本の株価がさえない。一方、アメリカの株価は、一部では「バブル的」と懸念されつつも上昇を続けている。ポピュラーな日経平均株価とNY(ニューヨーク)ダウ30種平均株価を見ると、ともにおおよそ半年前に「3万」の大台を超えていたが、現在は日経平均が2万8000円を割り込んで低迷しているのに対して、NYダウは一時3万5000ドルを超えた。彼我の差は大きい。

アメリカの強さについていけない日本株

ちなみに、今年の2月末、日経平均が3万円に乗り、NYダウが3万1000ドルだったときに、筆者は「株価はバブルか否か」をテーマとした雑誌の対談に参加した。

強気派役の証券会社経営者は「バブルではない。まだまだ上がる」と言い、弱気派役の行動経済学者は「すでにバブルであり、直ちに弾けてもおかしくない」と絡み、調整役(?)の筆者は「株価はバブルを形成中だが、まだ弾けないだろう」と述べた。

それぞれの意見が少しずつ当たり、少しずつ外れて、誰が当たって、誰が外れたのか、判然としない。相場をテーマとした対談は、だいたいこのようなものになる。

近年、日本の株価の動きは、外国の株価、特にアメリカの株価の動きとの相関が高まっていた。直近のデータで両者のリターンの相関係数を計算すると、0.8に近い数字が出る。相関性は非常に高い。年金基金のような投資家にとっては、ここ数年、「国内株式」と「外国株式」の分散投資効果が乏しいことが運用管理上の悩みの種だ。

日本の株価は、外国(特にアメリカ)の株価が上がると連れて上がるし、アメリカの株価が上昇(下落)するときには米ドルの対日本円為替レートがドル高に(ドル安に)動く場合が多いので、その為替レートの動きがまた日本の株価を上げる(下げる)といった影響を受けていた。しかし、ここ数カ月は、前述の通り、アメリカの株価が上昇するいっぽうで、日本の株価は「取り残された」という以上に下落した。