新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、新政権の経済対策への期待も高まっている。9月17日(金)に発売した『会社四季報』2021年4集秋号では、明るさが見え始めた環境下で企業の業績回復基調が鮮明となった。

四季報予想を集計した結果、今期(2021年7月期〜2022年6月期、対象3470社)の予想営業利益は22.1%増加の見通しに。同12.5%増だった四季報夏号(2021年6月発刊)からさらに増益率が拡大した。

見出しランキングから見える好調ぶり

記事の見出しランキングもポジティブなワードが占めた。もっとも多かったのが、前号から営業益見通しを引き上げたことを示す【増 額】となった。同様の意味の【上振れ】も2位に入った。3位の【独自増額】は特に引き上げ率が大きく、四季報予想が会社見通しより大きいときによく使われる見出しだ。

会社から今後発表される可能性が高い上方修正を、四季報が先取りしているともいえる。ちなみに過去3号において【独自増額】は見出しランキング15位圏内に一度も入ってこなかった。それだけ今期は会社から今後、上方修正が発表される期待が高まっているといえるだろう。四季報発売後に株価が上がりやすいのは、こうした独自予想の会社が多く含まれている。

業種別では、空運が連続赤字、建設業と電気・ガス業が連続減益の予想。また投資評価益が急落するソフトバンクグループが含まれる情報・通信業も減益見通しとなる。一方、前期に赤字転落した陸運業は黒字転換。残り26業種も営業増益の見通しだ(銀行業、保険業を除く)。

上場市場別に見ると、今期の業績予想が特にいいのは新興市場(1部、2部、ジャスダックを除く市場)だ。新興市場(365社対象)は、通販や広告、ゲームなどデジタル化を追い風にする企業が多いため、営業利益は107.4%増と急伸する見通し。東証1部(1993社対象)の同21.7%増と比較しても好調ぶりが際立つ。