かつてその安さで圧倒的な支持を集め、その目立つ黄色の看板がどこに行っても目に入るほど、店舗展開を拡大していた鳥貴族。今は居酒屋チェーンの例に漏れず、厳しい事業環境のもと、苦戦を強いられている。コロナ前(2019年7月期)に659店舗だった店舗数は2021年8月末時点で615店舗と減少。また2021年7月期の既存店売上高は前年同期比58.3%と、厳しい状況に置かれている。

そんな鳥貴族がこのたび、コロナでも好調のファストフード業態に参入した。

鳥貴族のDNAが感じられる店舗

8月23日、大井町に1号店をオープンした「TORIKI BURGER」がそれだ。

鳥貴族の強みを生かしたチキンバーガー専門店で、黄色のテーマカラーをはじめ、国産食材の使用、メニューの価格統一など、随所に鳥貴族のDNAが感じられる店舗となっている。

8種類からなるバーガーメニューのうち、定番のトリキバーガーはカリッと揚げたチキンフィレをバンズでサンドしたもの。サクサクとした歯ごたえや、うまみのある味つけ、肉そのもののジューシーさが特徴だ。

定番のトリキバーガー。揚げたてでサクサクした衣の食感と、やわらかくジューシーなチキンが特徴。うまみがあり、アルコールにも合いそうだ(筆者撮影)

チキンバーガーではもちろん、同じくチキン専門のKFCがあるほか、ほかのバーガーチェーンにも必ず1品はラインナップされている。それらと比べても、トリキバーガーは新業態を代表する商品として当然とはいえ、オリジナリティーのある味わいに仕上がっている。

そのほかのメニューも興味深い。

つくねを使用したチーズバーガー、チキン南蛮など、居酒屋を思わせる品のほか、糖質オフダイエットで知名度を上げた「サラダチキン」を米粉のバンズで挟んだバーガーなど、思い切った商品もメニューに並ぶ。

サラダチキン〜柚子胡椒マヨ〜。淡泊な味わいの蒸し鶏に、白い米粉バンズを合わせた、サラダ感覚で食べられるさっぱりとした味わいのバーガー(筆者撮影)

このたびはトリキバーガーのほかにサラダチキンの柚子胡椒マヨ味、ヤンニョムチキンを試食した。サラダチキンはレタスやキャロットラペが加わっており、サラダ感覚で食べられる。やわらかい米粉のバンズによる独特の歯触りも面白い。サラダチキンは冷めても味が変わらないので、持ち帰りにもよさそうだ。

ヤンニョムチキンは甘辛のソースをからめた胸肉を挟んだバーガー。パンチのあるはっきりした味わいで、ビールにも合いそうだ。

特徴としては、さまざまなバリエーションでチキンを楽しめるような品ぞろえであるということが1つ。また、やはりアルコールとの相性のよさが挙げられる。