大手コンビニのファミリーマートが、自社オリジナルによる新たなカップ麺の大型企画商品の開発、投入の準備を進めていることが東洋経済オンラインの取材でわかった。

日清食品、東洋水産、サンヨー食品、エースコック、明星食品の即席麺大手メーカー5社がすべて加わり、「ラーメンデータバンクイチオシ、大崎さん推薦!」と銘打ってシリーズ化。全国の名店5店とのコラボによるカップ麺、計5種類をそれぞれのメーカーが受け持ち、順次開発、投入する。

第1弾は9月28日、北海道・利尻島の人気店「利尻らーめん味楽」(みらく)のカップ麺をサンヨー食品の開発・製造により、全国のファミマで一斉に発売する。第2〜5弾以降も順次投入していく。すべて同じ縦型ビッグサイズのカップ麺で価格は1個あたり税込み228円を予定している。

即席麺大手メーカー5社を特定のコンビニエンスストアが1つの自社オリジナルカップ麺のシリーズでまとめあげるのは、これまでほぼ例がない。いったいどんな取り組みを行っているのか。独占取材した。

「手間をかけた商品」を、もっと認知してほしい

今回、ファミリーマートが開発するカップ麺は、激戦市場である「名店とのコラボ商品」だ。なぜ、この段階で同市場に挑むのか。同社の足立光氏(CMO=チーフマーケティングオフィサー兼マーケティング本部長)がこう説明する。

「有名店とのコラボカップ麺は、ファミリーマートをはじめコンビニ各社が出しています。でも開発に手間がかかる割に、発売した後の消費者からの商品認知度が低かった。

もっとできることがあるはずです。そこで(1)『認知がとれる仕組み』をつくり、(2) 『ラーメンの味は専門家のお墨付き』で証明したいと考えました」

(1)で白羽の矢が立ったのはスマートニュースだ。商品の告知に定評があり、配信クーポンも強いからだという。