鉄道ジャーナル社の協力を得て、『鉄道ジャーナル』2021年11月号「WEST EXPRESS 銀河 紀南運行」を再構成した記事を掲載します。

「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」は多様性・カジュアル・くつろぎをキーワードに、クルーズトレインでも従来の新幹線や特急列車でもない列車としてJR西日本が生み出した「新しい長距離列車」だ。

2020年9月11日に京都・大阪ー出雲市間の山陰運行で運転開始(本来は5月予定だったが、新型コロナの影響で延期されていた)し、3カ月後の12月からはデスティネーションキャンペーンにリンクした京都ー下関間の山陽運行、続いて2021年3月からは再び出雲への運行を重ねた。そのウエストエクスプレス銀河は現在、7月16日から12月22日まで、「紀南運行」と称して初めて紀勢本線に入り、京都ー新宮間を運行している。

新コースで競争倍率は再び13倍に

京都発は月曜日と金曜日の夜21時15分発、新宮9時37分着の夜行、新宮発は水曜日と日曜日の日中12時00発、京都22時24分着の昼行で、所要時間は約12時間と約10時間。基本的に週2往復だが運転しない日もあり、期間中上下計84本が計画されている。

新型コロナの状況下で旅行商品としてのみ販売され、日本旅行が一括して扱っている。1列車あたりの乗車可能人員も、昼行101人、夜行89人の定員に対して密を避けるためにほぼ半減の54人とされている。

そのためもあり、運転開始当初の山陰運行は約17倍の競争倍率となり、次の山陽運行や2回目山陰運行はやや落ち着いたが、それでも約9倍と約5倍であり、今回の紀南運行は新コースとあって立ち上がりの7月は再び約13倍に跳ね上がった。その後の8・9月分は約8倍であった。