トヨタの5ナンバーミニバンである「エスクァイア」が今年の12月で生産を終了する。同車は、「ノア」「ヴォクシー」の兄弟車として2014年に発売を開始したが、現行モデルの1代をもって姿を消すことになる。

直近の販売状況をみると、9月の新車販売台数は、ヴォクシーが3000台で、ノアが2060台であるのに対し、エスクァイアは491台にとどまる。

5ナンバーミニバン「エスクァイア」の立ち位置

ノア/ヴィクシー/エスクァイア3兄弟のスタイリング(写真:トヨタ自動車)

エスクァイアは、5ナンバーミニバンといっても上級志向の車種に位置づけられ、廉価車種は設けず、トヨタ販売網の中でトヨペット店やトヨタ店での扱い車種だった。しかし今日では、カローラ店やネッツ店系列でも販売されるようになり、トヨタの販売店であればどこでも手に入れられるようになっていた。新車販売価格の差は、わずかとはいえ、たとえばヴォクシーと比べてエントリー車種のガソリンエンジン車で15万円弱エスクァイアのほうが高い。ただし、ハイブリッド車(HV)では3万円ほどの差だ。

エスクァイアの特別仕様車「Gi“Premium Package・Black-Tailored”」のインテリア

内装の装備にそれほど差はないが、室内の雰囲気は明らかに異なる。エスクァイアが気品を覚えさせる色合いや素材であるのに対し、ヴォクシーはより鮮やかな彩で、ノアは身近さを覚えさせる。三者三様で、うまく棲みわけができており、さすがというほかはない。5ナンバーミニバンとして、より上級さを求めたエスクァイアは、一定の成果をあげたということかもしれない。

2020年の年間新車販売統計をみると、5ナンバーミニバンでもっとも売り上げがよかったのは、ヴォクシーで6万9517台、順位は10位だ。続いて11位に日産セレナが6万1648台と僅差で続く。しかし、これにノアの4万5434台と、エスクァイアの2万6368台を加えると、ヴォクシー/ノア/エスクァイアの3兄弟で、セレナの2.3倍も売ってきたのである。そのうちの2割弱をエスクァイアが占めていたので、エスクァイアの存在のあるなしは、それなりに台数に影響したはずだ。